問題を

お子さんがどれほど問題を解くスピードをアップさせているかについては、なんとなく把握しているというあいまいな捉え方をせずにしっかりと把握しておきたいと考える親御さんであれば、友達と一緒に塾に通わせるよりも、個別指導塾でしっかりと見守ってもらったほうが良いと結論することもあるかもしれません。そのようにして受験をするという時期に差し掛かるまでに、つまりゴールまでにしっかりとお子さんの学力をサポートしてあげることが大切なわけです。

先生の中には熱意のある先生も多いと言われる個別指導塾ですが、先生の熱意が必ずしも生徒に伝わるのかというと、それは試してみなければ分からないのではないかと不安に感じることもあるでしょう。個別指導塾の先生として東大の先生を起用しているような会社もあるので、東大の先生のピーアールやコメントなどを見て、この先生に教えてもらえたら良いのにと思える先生を探してみるのはいかがでしょうか。

熱意と実績というのが個別指導塾の先生の適正には不可欠な要素となるわけです。お子さんにとって、この先生のいうことであれば従いたいと思える教師となると、東大のようなトップクラスの先生になる場合もあることでしょう。