料金は

どうしても料金が気になるので、子供の受験対策には通信教育を利用していたという人もいらっしゃるかもしれません。学校から帰ってきてからすぐに勉強に取り組んでくれることを期待しているものの、親御さんが共働きといったようにして家が留守になっているならば、お子さんはまっすぐに家に帰らずに友達と遊ぶことが習慣になってしまっている場合もあることでしょう。もしもお子さんの受験対策にもっと実際的な手段を講じたいと思っていらっしゃるようであれば、思い切ってお子さんに個別指導塾を試させてみるのはいかがでしょうか。

個別指導塾であれば、お子さん自身が他の生徒さんと自分を比べたりして劣等感を感じる必要もなく自分のペースで受験前の学力アップをしていくことができるわけです。東大の教師というように、人気の先生が、生徒に苦手な分野の克服のお手伝いをしてくれることもあるようです。

東大の先生は志望校のテストに出題される内容などを分析して、その生徒が今後取り組むべき課題などについても分かりやすく説明してくれるかもしれません。実際的なサポートなので、無理にでもお願いして東大の先生に個別に指導してもらいたいと考える人も少なくないようです。