東大生が

もうこれ以上勉強しても前に進まないといったように、お子さんが受験勉強を投げ出してしまうようなこともあるかもしれません。親としては、お子さんがしっかりと試験勉強をコツコツと頑張ってくれれば安心なのに、投げ出されてしまうと救いようがないと感じることもあるでしょう。例えば、お子さんが試験勉強をしていて、図形の問題があまりにも難しいので、その問題が出てくるとイライラしているといった様子が頻繁にみられることもあるでしょう。

そういった場合には、お子さんの苦手な分野に集中的に合わせて指導をしてくれる教師が必要となっている時期なのかもしれません。東大の先生に勉強を見てもらって、一気に苦手問題を克服させてあげることはできないだろうかと考える人もいらっしゃるわけです。過去問題で図形の問題をすべて選抜してみてもらうとか、東大の先生ならではの教え方で指導してもらうといった具合に個別指導塾を活用してみることができるでしょう。

個別指導塾で国語力を高めてもらいたいといったように、科目を指定してお願いする人もいらっしゃるかもしれません。いずれにしても、東大の先生であれば、その生徒一人一人の特性を伸ばしてくれるはずです。