慌てず

受験の間際になって慌ててお子さんに詰め込みのように学習をさせるよりも、もっと早い段階から心の準備をさせてあげたいと考える親御さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。お子さんの学力向上に関しては、鋭い関心を抱いているものの、親御さんの中には子供に必要なことはもっと学習の習慣を確立させることだと分析していらっしゃる方も少なくありません。この時間帯には絶対に学習をするといった習慣をつけさせるためにも、個別指導塾にしばらくのあいだ通わせてみようかと考える人もいらっしゃることでしょう。

個別指導塾に通わせる際に大切なことは、やはり先生を賢明に選ぶということのようです。先生と生徒の信頼関係に影響してくるからです。必要なこととして、その先生の学歴をチェックすることを指摘する人も少なくありません。個別指導塾の先生が東大生、または東大卒業生といった人であれば、勉強をみてもらうだけでも価値があると考える人もいます。

高度な思考力があるというイメージもあるかもしれませんが、東大の先生は生徒にとってなじみやすい人となるように努力している人も多いということです。遠い存在というよりも身近な存在となって教えてくれるはずです。