やる気

もしも親御さんがお子さんの受験勉強に関して、どうなってもいいという投げやりな考え方になってしまうならば、お子さんもその考えを敏感に察知してしまうことがあるかもしれません。もう親が勉強するように言わなくなったので、勉強をしなくてもいいのではないかという気持ちにさせてしまうならば、今までのことがすべて無意味のことのように思えてくることでしょう。それで、お子さんのやる気がなくなってしまわないように、いつも親の皆さんもお子さんの学習到達度などをチェックする必要があることでしょう。

しかし、忙しさのあまり、最近はチェックすることができなくなっているという場合には、まずは一ヶ月くらい他の手段でお子さんに勉強の習慣をつけさせてみるのはいかがでしょうか。例えば毎週決まった時間に個別指導塾に通わせてみるというのはいかがでしょうか。個別指導塾の先生でも特に東大の先生といった特別な先生を選ぶならば、責任を持って指導してもらえると考える親御さんもいらっしゃります。

東大のOBの先生であっても、これまでの試験対策の方法をしっかりとお子さんに伝えてくれるかもしれません。名門大学の先生となると、お子さんも喜んで通ってくれることでしょう。