時間がない

まだまだ受験の当日まで時間があると思っていたら、あっという間に月日が経過してしまったと感じる親御さんもいらっしゃることでしょう。お子さんに中学受験をすすめてみようと考えていらっしゃったようであれば、もしかすると低学年のうちから塾に通わせていたりもするかもしれません。

しかし、塾に通っているあいだも、それほど成績が上がったわけではないという状況であれば、あと一年で受験という時期にさしかかかると親の心配が急激に倍増してしまう可能性もあることでしょう。それで、親の安心のために、そしてお子さんの今後のことも考えてたっぷりとその生徒その生徒に時間をかけて教えてくれるところ、つまり個別指導塾といった方法でお子さんの受験勉強サポートをしてみることもできるでしょう。

個別指導塾となると、教師がどういった人なのかによって結果に違いが出てくるはずです。教えることに尽力してくれるような教師を選びたいと考えていらっしゃるようであれば、受験の達人ともいうことのできる東大の先生を選んでみるのはいかがでしょうか。東大の先生を選んで教えてもらう場合には、子供にこういった指導をして欲しいというように要望を伝えておくようにしましょう。